SiteMap

持家と賃貸どちらが良いのか。

黄色の家

持家か賃貸のどちらがお得と言った議論が以前からTVや雑誌等でされているので、よく見たり聞いたりするのですが、私は持家派とか賃貸派であるとかで議論が過熱して、派閥闘争の様を呈するみたいになっていますが、私が思うに永年、この議論がされているということはどちらを選択しても損得ないのではないかと思うことです。
昨今、低金利で住宅ローンも借りやすくなっているとか、賃貸物件も沢山あるので、家賃が下がってきていますとか、不動産業者が盛んにPRをしていますが、住む側からすれば、持家の方が資産価値があるので、どうしても購入時は買うことだけに焦点を合わせてしまい、いざ、売却となると、かなり安い価格で売却せざるを得なくなったとか、購入しても、自分の住んでいる物件の価値が気になるし、住宅ローンの返済にも頭を悩ます必要があります。
購入がゴールではなく、ローンを含めた色んな問題のスタートにもなるのです。賃貸はその時の家賃だけを気にすればいいことで、割と簡単に引っ越しも可能です。
生活においての融通性もあるのでしょう。しかし、転勤等の多い人は別にして、日本人には終の棲家といく考え方が根強く残っています。一箇所の腰を据えることの安心感も賃貸では感じることができないと言う人も多いでしょう。
日本人の家への考え方が多様化している今、この議論は興味深く見守っていきたいと思います。

黄色の家

持家と賃貸どちらが良いのか。

持家か賃貸のどちらがお得と言った議論が以前からTVや雑誌等でされているので、よく見たり聞いたりするのですが、私は持家派とか賃貸派であるとかで議論が過熱して…

MORE ▶